« 2016年11月 | トップページ | 2019年3月 »

2019/02/28

星新一SS「不眠症」感想

眠れないことがケイ氏の悩みだった。事故で不眠症になった男は、高価な輸入薬に最後の望みを託して・・・

どうせ眠れないから夜も働いて、自宅も人に貸すとか天才か!

1551360573266.jpg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/27

星新一SS「猫と鼠」感想

今月も25日がやってきた。私は、今月も弱みを握っているあの男に催促の電話をかける事にした。

さて、猫は何匹いるのかな?
1551275074113.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/26

星新一SS「約束」感想

星々を調査中の宇宙人と、調査を手伝った地球の子ども達の約束の結末は?

まぁ、あれですね、いま欲しいものは、いま貰えっていう事ですか。

1551190761655.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/25

星新一SS「暑さ」感想

夏の日の午後、交番にやってきた若い男は、まだなにもしていないが、自分を逮捕してくれと言う。巡査に向けて男が語る「暑さ」を乗り切る方法とは?

・・・来年はどうするのだ? いや、それ以前に今日がダメなんだけど。いやいや、去年や一昨年も虐待でNGか。いやいやいや、それを言ったら、どこからダメなんだろう? 少しずつ少しずつ変わっていって、境界線が曖昧になってる男の罪はいつ始まった?

1551103932756.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/24

星新一SS「ツキ計画」感想

宇宙に進出するために、あらゆる方法で人間の能力強化が行われている。「私」は、計画の一環をなすツキ計画の取材を許されたが・・・

高いところから飛び降りるのに、金色の首輪はいらんだろうw この所長、もしかして最後のが本性なんじゃなかろうか?

1551013925713.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/23

星新一SS「包囲」感想

ホームの端に立っている私の背中を、何者かが強く押した。とっさに隣の人に掴まり難をのがれたが・・・

誰もが手を汚さない事を選択していたって事ですね。2^27=134,217,728だから、黒幕から27ステップで日本を埋め尽くす計算。意外と遠い!

1550932546856.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/22

星新一SS「月の光」感想

60近い品の良い男のペットは、たっぷりの愛情を注がれて、はちきれんばかりに愛情で一杯だった。

問題点しかない問題作。どんな感想を書いてもヤバイ。

1550846054231.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/21

星新一SS「変な薬」感想

1550755092468.jpg
風邪っぴきになれる薬を開発したら?

この話のオチを読んでなお、この薬欲しいよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/20

星新一SS「来訪者」感想

青空のなかから突然あらわれた円盤状の物体は、金色のスマートな服をつけた人物を着陸地点に残して飛び去っていった。人類と来訪者の、ファーストコンタクトが始まる。

結果的に大変平和なファーストコンタクトでした。どちらも滅んで無いですからね。昭和の頃は、オチと似たようなコト、TVでよく見ましたよね。ああ言うのを見て笑ってる自分が、オチの光景に居るって・・・反省。

1550590511481.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/19

星新一SS「殺し屋ですのよ」感想

N氏が出会ったのは、自分を「殺し屋ですのよ」と言う女性。ライバル会社の社長を亡き者にしましょうと持ちかけられたらが・・・

この殺し屋さんのビジネスモデルは、どうなんだろう?ローリスクハイリターンって言えるのかな?まぁ、捕まっても殺人罪での立件は困難か。

1550525852290.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/18

星新一SS「おーい でてこーい」感想

台風一過。土砂崩れで崩壊した古い社の後から見つかったのは、底が見
えない深ーい穴。人々は、コレ幸いと要らないモノをドンドン捨てていったけど・・・

中学校の時読んで、強く印象に残っています。当時は、ブラックホールでも埋まっているのかな?と読み進めて、落ちでゾクリとしたのを覚えています。
いま読み返しても、落ちのアイデアと最後の一文の余韻に呑み込まれてしまいます。「誰も悪く無いのにバッドエンドになる話」は良くありますが、これは「誰もが悪いのでバッドエンドになる話」ですね。

1550498037778.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/17

星新一SS「ボッコちゃん」感想

バーのマスターが自作した完璧美人のロボットが接客始めたら?

文庫のタイトルになってる作品。
いまのAIならもっと豊かな会話になりそうだけど、話の大筋は変わらないような気がします。するとAIの本質って人工無能なのでしょうか?

1550356483875.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/16

星新一SS「悪魔」感想

途中で落ちがなんとなく予想できるけど・・・
途中でアドレスくれたり、最後に笑いながら消えていく等、人間くさい奴が印象深い

1550355470008.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2019年3月 »